2005年07月03日

野球

感動した!!
いや〜実に感動した!!
先週見たクソ映画とは訳が違うYO
4988105024021.jpg

人生の転機は、思いがけない時にやって来る。
コナー・オニールの場合は、
少年野球チームのコーチを依頼された時がそうだった。

コナー・オニール(キ○ヌ・リーヴス)は、
ギャンブル
にのめりこんで人生を踏みあやまった男(通称「負け組」と呼ばれていた)

彼がその役目を引き受けたのは、週500ドルの報酬のため。
しかし、タフな生活環境に負けず
めいっぱい野球を楽しんでいる子供たちと交流を深めるうちに、
コナーの心には、誰かのために何かをする喜びと、
人生に対する責任感が芽生えていく。
全米で2週連続ナンバー1の座に輝いた『陽だまりのグラ○ンド』は、
そんなひとりの男の成長と再生を描く物語。

挫折の泥沼にはまりこみ、
生きる目的を見失った人間が、
子供たちとの触れ合いを通じて自分を取り戻していく姿を、
ハートウォーミングなタッチで綴り上げた感動作だ。

という映画だった。

すばらしい!!
内容もすばらしかったがサントラも良かった。

ただ、一つ不満といえば・・・
チームメンバーのキャラが分かりにくかった事。
ということで

評価:★★★★☆



この映画を見るきっかけはs君の紹介・・・
B00009PN6L.09.MZZZZZZZ

俺 「なんかいい映画ない?」
s君「この映画マジでいい映画だからミロって!!」
s君「最初の一時間はクソだけど・・・」

という流れで借りました。
最初はあまり期待してなかった・・・

s君ありがとう!!
いい映画でした!!



しかしここで一つ疑問が・・・

お前この映画本当に見たの!?

この映画の・・・
コナー・オニール(キ○ヌ・リーヴス)は、
ギャンブル
にのめりこんで人生を踏みあやまった男(通称「負け組」と呼ばれていた)

おいおい・・・しっかりしておくれYO



最後に迷言
それは、貯金の話をしているとき・・・
「俺スロ(ギャンブル)しか使い道ねーし」

見てねーなこの映画・・・

この映画のエンディングでお別れ
http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/reggae/detail_104447.php





posted by marllshan at 17:16| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スピーシーズ見てください。
ついでに私の小説も読んでください。
Posted by 作家 at 2005年07月06日 17:13
誕生日おめでとう!!
コメントありがとう!!
両方見させていただきます。
Posted by marllshan at 2005年07月07日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4802977

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。